Results

試合結果

浦和ウラワーズ vs 鎌倉ラザロ 2020年11月29日(日)

TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
浦和ウラワーズ 13 14 7 10 44
鎌倉ラザロ 0 0 0 0 0

【試合概容】

1Q
浦和キックで試合開始。敵陣20yds付近から守備開始。鎌倉がいきなりロングパスを投げてくるも#12がしっかりカバーしパスを防ぐ。その後フレッシュを獲得されるが全くランを出させずパントに追い込む。自陣40yds地点から浦和の攻撃開始。最初のシリーズで#18のスクランブルと#26のインサイドのランでフレッシュを獲得しその後相手の反則があり大きく前進し最後は#18から#81へのパスが決まり浦和が先制し、#17のPATも決まり7-0。鎌倉が自陣25yds付近から攻撃再開。このシリーズも浦和Dはフレッシュを獲得されるが#99の素早いタックルや#29のナイスカバーによりパントに追い込む。自陣22yds地点から浦和が攻撃再開。しかし、ここは鎌倉のDL陣のラッシュにより3回でパントに追い込まれる。攻守交代したが、鎌倉がファンブルをし再び浦和が自陣45yds地点から攻撃再開します。浦和Oは反則があり1度後退しますが#18が#17へパスを決めそのまま独走し追加点を奪います。#17のPATが外れてしまい13-0。反撃したい鎌倉でしたが浦和Dが3回で止める。ここで鎌倉はスペシャルプレーを狙ってきましたが浦和がこれを見事にカバーし攻守交代。いいフィールドポジションから攻撃を再開する浦和Oは#18から#45へのパスが決まり大きく前進。第1Q終了。

2Q
エンドゾーン手前から浦和Oが攻撃を再開し#18から#1へパスが決まりタッチダウン。#17がPATを決め20-0。鎌倉は自陣25yds地点から攻撃を再開するがここは浦和Dが3回で止めパントを蹴らせる。自陣35yds地点から浦和が攻撃を再開。#18のスクランブルなどにより前進するが鎌倉が守りきり浦和はパントに追い込まれ、鎌倉の攻撃再開。鎌倉はパス中心に攻めるが浦和#32がインターセプトし攻守交代。浦和Oは敵陣45yds付近から攻撃再開。#25のランでフレッシュを獲得するがその後ファンブルしてしまい攻守交代。自陣30yds地点から浦和Dが守備を開始。パスとランでそれぞれフレッシュを獲得されるがなんとか守りきる。再びスペシャルプレーを試みるが、浦和Dが阻止し自陣50yds付近から浦和が攻撃を再開。#18から#45へのパスで大きく前進すると#18のスクランブルでタッチダウン。#17のPATも決まり27-0。鎌倉は自陣15yds地点から攻撃を再開するがニーダウンで時間を流し前半終了。

3Q
鎌倉のキックから後半開始。自陣40yds付近から浦和の攻撃開始。#81へのパスが決まり一気にタッチダウン。#17のPATも決まり34-0。敵陣20yds付近から浦和Dの守備開始。いきなりパスでフレッシュを獲得されると続けざまにパスを決められるが#9がスクリーンパスをインターセプトし攻守交代。自陣45yds付近から浦和が攻撃を再開。#18から#83へのロングパスが決まり大きく前進し、さらに#18から#17へのパスも決まりエンドゾーン手前まで進みます。ここで第3Q終了。

4Q
4Qが始まり浦和の攻撃の途中から再開。#17がFGを成功させ37-0。鎌倉が20yds付近から攻撃再開。ここも浦和Dは3回で止めてパントに追い込む。再び鎌倉がスペシャルプレーを仕掛けるが、浦和Dが防ぎ敵陣10yds付近から浦和の攻撃再開。#18から#80へのタッチダウンパスが決まり、#17がPATを決め44-0。鎌倉は自陣25yds付近から攻撃を再開。鎌倉はパスが決まりフレッシュを獲得するが浦和#90がファンブルをリカバーし試合終了。44-0で浦和が勝利。

MVP  #99 石高(浦和)
MIP  #29 木村(鎌倉)

試合結果

浦和ウラワーズ vs 川崎グリズリーズ 2020年11月22日(日)

TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
浦和ウラワーズ 0 7 0 0 7
川崎グリズリーズ 0 0 7 0 7

【試合概容】

1Q
浦和キックで試合開始。川崎の#36のリターンを#12がタックルし敵陣30yd付近から守備開始。川崎の交代違反の反則があり有利な場所から試合を開始する。川崎のランとパスを封じパントに追い込む。パント時の交代違反などもあり浦和は自陣25yds付近から攻撃開始。浦和Oはランパスを混ぜて攻撃するが川崎Dに止められパントへ。#12のパントにより敵陣40yds付近から浦和Dの守備開始。#9のロスタックルなどにより3回の攻撃でパントに追い込む。浦和Oは自陣30ydsから攻撃開始。#18がスクランブルしながら#81へのパスが決まり大きく前進しするがその後1stdownを更新できずパントへ。敵陣30ydsから浦和の守備開始。#23の素早いタックルなので川崎の前進を防ぐ。

2Q
4down1まで追い詰めるが川崎のギャンブルにより1st downを更新される。しかし、浦和Dは#4のナイスカットなどがありパントに追い詰める。なんとか先制点が欲しい浦和Oは#18のスクランブルや#81へのパスにより大きく前進する。最後は#26へのオプションランと#81へのTDパスで先制。#17のPATも決まり7-0。浦和Dは敵陣20ydsから守備開始。川崎#28のランなどによりフレッシュを獲得されるが要所を締めパントに追い込む。相手の反則などで前進するがインターセプトされる。残り18秒から川崎の攻撃となるが、ここを浦和Dが防ぎ前半を7-0で折り返す。

3Q
後半は川崎キックから試合再開。#1へのパスが決まるがその後更新できずパントへ。敵陣9yds付近から浦和の守備開始。川崎#28のオープンランにより大きく前進されるがその後なんとか踏ん張りパントを蹴らせる。浦和Oは自陣20ydsから攻撃再開。しかし、ここは3回で止められ再び浦和の守備開始。川崎にパスを立て続けに決められ最後は#98へのパスを決められ7点返される。7-7となります。反撃したい浦和だが4回で封じ込められ再び川崎の攻撃へ。3回で止めパントに追い込むがスペシャルプレーによりフレッシュ獲得される。

4Q
しかしその後守りきり自陣40ydsから攻撃再開。しかし、反則などもあり攻めきれずパントへ。一進一退の攻防が続く。川崎の攻撃が再開され止めたい浦和Dだが川崎#83へのロングパスを決められ自陣30ydsまで攻め込まれる。しかし、なんとか守りきりパントを蹴らせ難を逃れる。自陣20ydsから浦和Oが攻撃再開しますが3回の攻撃でパントに追い込まれ敵陣40yds付近から浦和Dの守備が再開される。川崎のランなどによりじわじわと攻め込まれるがなんとか止めきりFGへ。FGを#9のブロックにより阻止し試合終了。

MVP  阿佐田(川崎)
MVP  大磯(浦和)

試合結果

浦和ウラワーズ vs 所沢アウトローズ 2020年11月1日(日)

TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
浦和ウラワーズ 10 28 28 21 87
所沢アウトローズ 0 0 0 0 0

【試合概容】

1Q
浦和リターンで試合開始。相手のオンサイド気味のキックを#9がリターンし、敵陣45ydsから攻撃開始。#7のランや#18のスクランブルで幸先よく1st downを更新。その後ゴール前5ヤードまで進み#7のランで先制TD。#17番のPATも決まり得点は7-0。浦和Dは#58のQBサックなどで最初のシリーズを3回の攻撃でパントに追い込む。相手のパント時の反則などもあり敵陣から攻撃再開。相手の反則もあり前進したがパス失敗などもありFGへ。#17のキックが決まり10-0。浦和Dはファンブルをリカバーし再び攻撃へ。#26のランで1st down更新したところで2Qへ。

2Q
敵陣10yds付近から攻撃再開。#81へのパスでゴール前8ydsまで進み#25のランでTD。#17のPATも決まり17-0。浦和Dはこのシリーズも激しいラッシュをかけファンブルを誘発しこれをリカバー。再び敵陣から攻撃再開。#7の見事なランにより追加点。#17のPATも決まり24-0。アウトローズはパスを仕掛けてくるが浦和Dの見事なパスカバーによりこれを封殺。アウトローズを3回の攻撃でパントに追い込む。敵陣45ydsから攻撃再開。#45へのパスが立て続けに決まり大きく前進。そして#26のランによりゴール前5ydsまで進み#83への早いタイミングのパスでTD。#17のPATが決まり31-0。アウトローズはランパスを織り交ぜて攻めるが#94のサックなどによりパントに追い込み敵陣45ydsから攻撃再開。#18のQBランで前進し最後は#45へのパスでTD。#17のPATも決まり38-0。アウトローズは自陣25ydsから攻撃は再開するが#55のサックや#52のナイスタックルにより1st down更新を許さず再びパントへ。敵陣40ydsから浦和が攻撃を再開。しかし、パスが決まらず2Q終了。

3Q
#9のキックオフから試合再開。アウトローズは自陣40ydsから攻撃再開するが#29のインターセプトにより攻守交代。#26のの見事なランによりTD。#17のPATも決まり45-0。なんとか反撃したいアウトローズはラン中心の攻撃を展開し、フレッシュを獲得するが、その後浦和Dが完璧に抑えパントへ。アウトローズのパントを#12が右のリターナーからエンドゾーン左側へ独走しTD。#9のPATも決まり52-0。ふたたびアウトローズの攻撃へ。ランパス織り交ぜて攻めるが浦和Dがここも完璧に止める。敵陣から浦和Oが攻撃開始。#45のランで前進し#18のQBランでTD。#9のPATも決まり59-0。アウトローズは25ydsから攻撃再開。パスを多用しますが浦和Dの見事なパスカバーによりここもパントに追い込む。浦和は#9のパントリターンより敵陣10ydsから攻撃再開。#7が押し込みTD。#9のPATも決まり66-0。

4Q
反撃したいアウトローズは自陣10ydsから攻撃再開しQBのランでフレッシュを獲得するが浦和の激しいタックルによりファンブルし攻撃権を喪失。浦和が敵陣から攻撃再開。#26と#18のランにより前進し最後は#25へのスクリーンパスが見事に決まり追加点。#9のPATも決まり73-0。アウトローズは自陣10ydsから攻撃再開。パスでフレッシュを獲得するがここも浦和Dが立ち塞がり#52インターセプトにより攻守交代。敵陣20ydsから浦和の攻撃再開。#18から#80へロングパスが決まる。#9のPATも決まり80-0。残り時間4分ほどでアウトローズが攻撃再開しますが#8のナイスタックルなどによりパントに追い込む。敵陣25ydsから浦和が攻撃を再開します。いきなり#7の見事なランで追加点。#9のPATも決まり87-0。残り1分25秒となりアウトローズが最後の力を振り絞り攻撃を再開するが#4のタックルと#55のサックでこれを止め試合終了。

MVP #18 中原(浦和)
MIP #33 岡本(所沢)

埼玉県のアメリカンフットボールチーム