Results

試合結果

浦和ウラワーズ vs 立川ファルコンズ  2019年2月3日(日)

TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
浦和ウラワーズ 0 3 0 0 3
立川ファルコンズ 3 0 7 0 10

【試合概容】

1Q
浦和のKRより試合開始。短くなったキックを#7がリターンし、浦和は自陣35ydsより攻撃。ランと短いパスでリズムを掴み、1st downを獲得。しかしパスがあわずパントとなり、立川は自陣25ydsより攻撃。最初のプレーでロングパスを通し、一気に敵陣7ydsまで攻め込む。浦和Dもその後は止め、FGに抑える。攻めたい浦和は#23が自陣50ydsまでリターンをし、良い位置から攻撃となる。3rd longまで追い込まれるが、QBがスクランブルし、#6へパスを通し、1st down。しかし、その後はランが止められ、最後はFG。しかし、30yds越えのキックは惜しくも決まらず。そのまま立川の攻撃へ。浦和は安定したディフェンスでゲインを許さずそのまま立川はパントへ。これを#23がタックルし、そのまま浦和の攻撃へ。敵陣17ydsより攻撃。スクリーンパスで#26がゲインし、その後も#6のパスで1st down。

2Q
押し込みたい浦和はランで攻めるが、立川は気合の入ったディフェンスを見せFGとなる。これを#17が決め、同点。追加点が欲しい立川はパスを狙うが、#8のサックで追い込みパントへ。TDが欲しい浦和はパスを狙うが失敗し、3rd long となるがここで#33へのパスが決まり1st down。さらに#85へのロングパスもヒットし、一気に敵陣20ydsへ。しかし、この後のパスが繋がらず、FGへ。これが惜しくも外れ、自陣20ydsで相手の攻撃へ。立川はスクリーンなどを狙うが、待ち構えた浦和ディフェンスが止める。その後は敵陣まで攻め込むが時間切れでそのまま時間終了。

3Q
立川KRより試合再開。浦和は良いカバーとディフェンスで簡単に立川オフェンスを止めパントとし、浦和オフェンスは自陣40ydsより攻撃開始。しかし、パスを狙った浦和のオフェンスは決まらず、パントとなってしまい、再び立川の攻撃へ。ここでも浦和ディフェンスはDLの安定したラッシュでゲインをさせず、相手を3rdまで追い込むが、1st downぎりぎりのパスを通される。しかし、その後はパントまで追い込み、浦和オフェンスへ。自陣13ydsよりランとパスでゲインを狙うがどちらも続かずパントへ。立川は敵陣30yds付近より攻撃開始。うまくランとパスを織り交ぜゲインを重ねていき、G前へ。最後はQBが押し込みTD。リードを奪う。PATは#90が止めるが、これが反則となり、最後は決められる。

4Q
浦和KRはタッチバックとなり、浦和は自陣30ydsより攻撃開始。ギャンブルも使いながら前進するが、フェイクパスを奪われ立川オフェンスへ。時間を使いたい立川はランを用いて前進していく。最後はロングパスを狙うが#23がインターセプトし浦和の攻撃へ。ロングパスを通し、全身し、敵陣近くまで行くが、立川にうまくカバーされパントとなってしまう。立川オフェンスは時間を使いながら前進するが、#90のタックルなどによりパントへ。これがショートとなり、再び浦和は敵陣から攻撃開始。しかし、#18がインターを喫してしまい、三度立川のオフェンスへ。ファンブルフォースなどでチャンスもあったが、リカバーされ、最後まで時間を使われそのまま試合終了。公式戦としては2年ぶりの敗戦となった。

 

MIP #23

試合結果

浦和ウラワーズ vs 川崎グリズリーズ  2019年1月20日(日)

TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
浦和ウラワーズ 7 7 0 7 21
川崎グリズリーズ 0 3 6 0 9

【試合概容】

1Q
川崎のリターンで試合開始。#28のリターンを#19がタックル。川崎は自陣30ydsから攻撃開始。ショットガンフォーメーションからランを使い、ビッグゲインはないもののコンスタントにゲインを重ね、1st downを獲得。その後は#8のタックル、#2のパスカットでパントへ。#19がパントブロックするが、これは惜しくもフォルススタート。しかし、2回目のキックも#23がブロックし、浦和は敵陣30ydsより攻撃開始。 #7,#25,#26,#21がOLのナイスブロックにより前進し、そのままランだけでTD!幸先良い立ち上がりを見せる。PATも成功し7-0。カバーは#91のタックルで仕留め、自陣40yds付近から川崎の攻撃開始。浦和はブリッツを利用し、相手のミスもあり、パントへ。ここで再び#23がパントをブロック。#91がリターンし、浦和は敵陣10ydsより攻撃開始。先ほどランでゲインされた川崎はフォーメーションを変え、ランを止めに来る。それに対し、#18がパスを試みるが2回とも失敗しFGへ。しかしこれをジャックルしてしまい、得点できず。川崎は自陣深いところより攻撃を開始。浦和は集まりのよいディフェンスや#19の相手のブロッカーごと巻き込むタックルででゲインを許さない。川崎は得意のドローを使うも1st downまでは行けず、パントへ。2度パントをブロックされた川崎はタイムアウトをとり、アジャストをする。パントは成功し、浦和は自陣35ydsより攻撃開始。

2Q
浦和は3rd-8ydsより攻撃再開。フェイクパスを狙うも失敗し、パントへ。川崎は自陣30ydsより攻撃開始。#28のパスカットなど、浦和はパス攻撃に対しても安定したディフェンスを見せる。そのままパントとなり、これを#17がナイスキャッチ&リターンし、自陣の30ydsまで戻し、浦和は攻撃開始。川崎はランを止めにブリッツを使用し、ランを止めに来るが、#18がロングパスを狙いこれが#23にヒット。1st donw獲得し敵陣へ。浦和は#12をQBとし、ランを狙うが、ゲインできず、そのままランで前進するが、4th downパントへ。ここでパンター#17が相手の動きをよく見てランへ切り替え。浦和は敵陣15ydsの絶好の位置からオフェンスとなる。#7が1プレー目でこの15ydsを走り切り、キックも決め、一気に点差を広げる。14-0。川崎のリターンは#17がタックルし、自陣40ydsから浦和はディフェンスとなる。川崎は#28のランを多用し、1st donwを獲得し、敵陣へ。今度はRBを#33へ変え、これが当たり、一気にG前まで進む。10ydsからは集まり良くディフェンスし、最後はFG成功。14-3。浦和はリターン後そのまま時間をつぶし、2Q終了。

3Q
浦和はリターンで#23が25ydsまで返し、攻撃開始。#26のランで一気に1st downを取るも続かずパントへ。川崎は自陣30ydsより攻撃開始。川崎のオプションと中のランを#95が止めるも1st downを取られ、その後もQBキープにより連続1st downとなり、川崎は敵陣まで攻め込んでいく。4th donwとなるが、川崎はギャンブルを選択し、そのまま1st donw獲得。G前まで進んでいく。なんとかしたい浦和は#95のサックで2nd down 15とするが最後はQBがリードブロッカーを付けてランをし、そのままTDされてしまう。2ポイントを狙う川崎は外へピッチするが、これが合わず、失敗。14-9。川崎のナイスキックで浦和リターナーはタッチバックを選択。自陣25ydsより攻撃開始。川崎の反則で1st downを獲得し、そのまま3Q終了。

4Q
追加得点が欲しい浦和は時間を使いつつ、要所にパスを入れて前進する。しかし敵陣まで進んだところでパントとなる。ここで三度パンターがランをし、1st donw獲得。敵陣28ydsより攻撃開始。#21のランで1st donw獲得し、その後もランでG前まで進んでいき、#12が押し込み再び1st down。G前1ヤードをラインが押し切り#26がTD。キックも決め点差を広げる。21-9。川崎は何とか得点を挙げたいが中々パスが通らず、最後は#23がインターセプト。時間を使いながら進みたい浦和はオプションでロングゲインするもこれが反則となり、無理に1st donwを狙わず、時間をつかい、パントへ。川崎は自陣20ydsより攻撃開始。スクリーン、ロングパスで敵陣まで進むが浦和も時間を使わせ、最後は相手に得点を許さず時間を使い切り試合終了。

 

MVP #17

試合結果

浦和ウラワーズ vs 栃木マダガスカルズ  2018年10月28日(日)

TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
浦和ウラワーズ 0 0 28 10 38
栃木マダガスカルズ 7 0 6 0 13

【試合概容】

1Q
浦和のキックから試合開始。栃木は攻めあぐねるも3rdの要所でQBスクランブルやロングパスで1stdownを更新していく。そのまま自陣まで攻め込まれ、QBのスクランブルからのパスをG前まで通されてしまう。G前1ydsで4th downまで粘るも最後はQBのスニークにより先取点を許してしまう。(0-7)浦和のKRから試合再開、#7のリターンとその後のランにより、一気にハーフライン上まで進むが続かず、そのままパントへ。栃木は自陣の20ydsより攻撃開始。浦和は3rdまでは追い詰めるが、スクランブルからのQBランやロングパスに苦しみ、そのまま1Q終了。(0-7)

2Q
浦和が#19のブリッツで相手QBを追い詰め、インテンショナルグラウンディングを貰い、栃木をパントまで追い込む。PRで#4がキャッチし、敵陣30ydsの好位置から攻撃開始。浦和Oはランとパスで3rd-3まで持ち込むが、ここでQB#18がインターセプトを喫してしまう。踏ん張りたい浦和Dはロングパスを一本通されるもパントまで追い込む。しかし、ここで栃木はパントフォーメーションからパンターが走りまたも1st down。時間を使いながら敵陣まで進んでいった栃木は最後はパントで浦和の自陣20ydsまで戻した。なんとか点を取りたい浦和は#26のロングゲインやRBのランにより、進んでいく。フェイクパスが#23に通り、G前へ。最後は#26のランでタッチダウンを狙うがあと1yds足りず、前半終了。(0-7)

3Q
KRは#83のリターンによりハーフラインまで戻し、浦和Oは攻撃開始。#23へのパス、#21のランで一気にG前へ。その後もノーバックからの♯23へパスをヒットさせ、一気にTD。キックも決めようやく最初の点を獲得する。(7-7)。落ち着きを取り戻した浦和Dは相手のパスを通されるもすぐにタックルし、ロングパスを狙ったところを#19がインターTD!キックも決め、後半早い段階できちょうな追加点を得た(14-7)。浦和Dは動き回るQBに対し、積極的にプレッシャーをかけ、パントまで追い込み、自陣20ydsより攻撃開始。#26のロングゲインにより、一気に敵陣へ。最後は#25が粘りのランを見せ、TD。キックも決める(21-7)。中々落ち着けない浦和Dは#19や#91の良いブリッツや#52のソロタックルなどでようやくパントまで追い込む。しかしここで相手のパントを#17がさわってしまい、相手の攻撃へ。更に不運は続き、#17のパスカットがちょう相手WRの手に収まりそのままTDとなってしまう。2ポイントを狙った攻撃は防いだものの、相手に追加点を許してしまう。(21-13)勢いに乗りたい浦和は#83のでリターンで、敵陣まで進み、次のプレーで#12が自分で相手をなぎ倒し、そのままTD。わずか1プレーで追加点をあげる(28-13)。集中力を取り戻した浦和Dは#79のファンブルフォースや、#52のソロタックルにより、相手を追い込む、そのまま第4Qへ。(28-13)

4Q
栃木も粘りを見せ、ブリッツに対し、その外を走るQBの起点により、再度1st downを取られてしまう。不運な反則などもあり、自陣深くまで攻め込まれるが最後はQBのランを4th downで仕留める。相手を追い込みたい浦和Oであったが、ランとパスを止められてしまい、パントへ。栃木は自陣より攻撃再開。#13のソロタックルや、DLのラッシュによりパントへ。浦和は自陣45ydsより攻撃開始。#12のランと#7のランの2プレーでTDまで持っていき、キックも成功(35-13)。浦和のDは相手のパスこそ通されるものの、よりの早いディフェンスで、ゲインを許さず、パントへ。#4のナイスリターンにより、浦和Oは敵陣30ydsより攻撃開始。そのまま進み、浦和は最後はFGを決め、ダメ押しの追加点(38-13)。そのまま栃木がニーダウンして試合終了。

MVP #19

試合結果

浦和ウラワーズ vs ブランディングス  2018年10月7日(日)

TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
浦和ウラワーズ 0 0 6 3 9
ブランディング 0 6 0 0 6

【試合概容】

1Q
ウラワーズのKCで試合開始。ブラは自陣30ydsより攻撃開始。左右のオープンのランをするが#90,#91のナイスタックルによりゲインせず、そのままパントへ。ウラワーズは自陣30ydsより攻撃開始。ランとショートパスでテンポよく1st down獲得。その後も、うまくフェイクパスもおりまぜ、敵陣へ。20ydsまで進み、FGへ。しかし、残念ながら外してしまい、初得点ならず。ブラの攻撃へ。ブラもランとフェイクパスをうまく使い、敵陣まで来た所で1Q終了。(0-0)

2Q
ブラは3rd-inchをスニークで1st donw。ドローなどでゲインされ、G前20ydsへ。浦和はDLのラッシュやブラの反則で3rd-longとするが、ブラのロングパスを通され、G前へ。そのままTDを許してしまう。相手のPATは止め、0-6。浦和はリターンで、30yds付近より攻撃開始。反撃したい浦和はロングパスを狙うが、これをインターセプトされてしまう。しかし、これはインターフェアとなり、再び浦和の攻撃。パスを中心に敵陣まで進んでいき、#83,#26のキャッチにより、敵陣30ydsへ。#84へパスをヒットさせ、G前へ。最後はFG。しかし、再度FGは失敗に終わり、ブラの攻撃へ。ブラのランに対し、浦和は集まりのよいディフェンスで対応し、ゲインを許さずパントへ。ここで2Q終了。(0-6)

3Q
浦和のリターンで試合再開。ハーフラインまで戻し、良い位置からオフェンスへ。#26,#7の連続ランでつないで簡単に1st-donwをとる。その後もパスを織り交ぜ前進し、最後はOLみなで押し込みTD。PATはブロックされ、6-6。ブラは自陣30ydsまでリターンし、攻撃開始。ランを中心に攻めるが、ゲインなしでそのままパントへ。浦和はハーフラインより攻撃開始。パスを中心にG前まで進むが、TDを狙ったパスがインターされてしまう。反撃したいブラだが、ランで1st-downをとるも、その後はゲインできずパントへ。(6-6)

4Q
浦和はPRで反則があり、自陣40ydsより攻撃開始。#57のナイスブロックによるランで、敵陣深くまで攻め込む。しかしTDを狙ったパスがインターセプトされ、ブラの攻撃へ。ランで攻め込むブラに1度フレッシュを許すが、#91のロスタックルなどにより、パントへ。敵陣35ydsの好位置より攻撃開始。1st-downを狙うがパスを落球し、パントへ。なんとか逆転したい浦和はディフェンスはDLがファンブルフォースし、ボールを奪取。浦和はランで攻め込み、最後はFG。これを#17が決め9-6。ブラの攻撃を最後は#28がインターセプト。そのまま浦和のオフェンスが、時間を稼ぎ、Timeup。(9-6)

MVP;#91

試合結果

浦和ウラワーズ vs ワイルドギース  2018年9月23日(日)

TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
浦和ウラワーズ 7 23 0 7 37
ワイルドギース 0 0 0 0 0

【試合概容】

1Q
浦和の#58のキックにより試合開始。WGは自陣15yds付近より攻撃開始。パスを2本失敗し、3rd-10でロングパスを#16がインターセプト。浦和は敵陣35yds付近より攻撃開始。OLの綺麗なブロックにより#7,#25の連続ランでTD!キックも決める(7-0)反撃したいWGは自陣35ヤード付近から攻撃開始。パスを狙うもDLのラッシュに阻まれパントへ。浦和は自陣15yds付近より攻撃開始。しかし、2downでアウトのパスが相手にインターされてしまう。WGは敵陣20ydsより攻撃開始。フェイクパスやスクランブルからのパスで危うい場面もあったが、最後は#20がインターセプトし、浦和は自陣10ydsより攻撃開始。パスを多用し、#85,83,43へ通し敵陣へ。#25へのパスも通り、ランアフターキャッチでゲインするがこれが反則となり、その後のパスも成功するが、1st-down獲得ならず、最後はFGを狙うがこれが外れ、WGは自陣深くからの攻撃。浦和#8のナイスタックル、最後は#58がインターセプトし、ここで第1Q終了

2Q
浦和の敵陣10ydsから試合開始。OLのナイスドライブで空いた穴を#26,#21が走り切りTD、キックも決める。(14-0)。KCで#25がソロタックルを決め、WGは自陣25ydsより攻撃開始。#19のナイスタックルなどにより、パントへ。これを#17がリターンし20yds戻し浦和の攻撃へ。ランでゲインするが1st-downまで届かずパントへ。WGは自陣深くからナイスキャッチを連発し、敵陣40ydsへ。しかし、ここで#17が相手のパスをインターし、そのままTDまで持っていく、キックは外した。(20-0)。キックカバーで敵がジャックルしたところを#32がタックル、#25がリカバーし浦和は再び敵陣深くから攻撃へ。TDを狙うが、最後はFGとなる。これを#17が決める(23-0)反撃したいWGだが、パスをまたも#17がインター&TDでさらに点差を広げる。(30-0)WGはリターンで敵陣まで返すが、その後は浦和の積極的なディフェンスでシャットアウト。パントになり、そのまま前半終了。

3Q
浦和のリターンから試合開始。自陣30ydsから攻撃開始。いきなり#21のロングゲインで敵陣へ。よい流れであったが、ここで#10がボールを弾かれ、インターセプトを喫してしまう。
WGはランを狙うが、浦和DLのプレッシャーでゲインできず、反則もあったが、そのままパントへ。パンターが走るが止められ、50yds付近から再び浦和オフェンス。ランで進むが途中で反則があり、3rd-longでロングパスを狙うも失敗し、パントへ。WGは自陣深くからの攻撃となるが、#91のブリッツ、#90などのタックルなどでゲインを許さず、パントへ。浦和はパントでの反則により、罰退するが、#33のパスキャッチとランアフターキャッチにより1st-down獲得。
その後のパスは通らずパントへ。WGの攻撃となり3Q終了。

4Q
WGがランで1st-down獲得し、自陣30yds付近へ。時間のないWGはロングパスを狙っていくが、ことごとく失敗し、そのままパントへ。#4がキャッチし、浦和の攻撃へ。OLのドライブとRBのランで1st-down獲得。その後、パスで崩れた所から#23へのパスを通し、1st-down。その後も#33へのパスで連続1st-downとなり、敵陣15ydsまで進む。そのままランでエンドゾーンまで持ち込みTD!キックもきめる(37-0)。その後、WGはロングゲインを狙うが、すべて浦和のカバーとDLのラッシュによりシャットアウト。最後は浦和は時間を使い、そのままtimeup

MVP;#17

試合結果

浦和ウラワーズ vs 甲府、横浜合同チーム  2018年8月26日(日)

TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
浦和ウラワーズ 7 17 24
甲府、横浜合同チーム 0 0 0

【試合概容】

1Q

浦和のKCにより試合開始。

#17が敵陣深くに蹴り込むが、ギリギリサイドラインを割り、合同チームはやり直しはせず、自陣35ydsよりオフェンスを開始。TEへのパスや、不運なパスインターフェアなどで、敵陣40ydsまで攻め込まれる。その後は安定したディフェンスをみせ、パントに追い込み、浦和は自陣10ydsよりオフェンス開始。

最初のプレーで#7が相手の隙間を抜け、一気に自陣50yds付近までゲイン。その後も外のランや、ショートパスを使い、(#10のファンブルもあったが、#56が事前に察知しナイスリカバーを見せた)、敵陣深くまで攻め込む。最後は#21のランでTD!のはずが、#33のナイスブロックがホールディングを取られ、罰退となってしまう。そのまま終わらせたくない浦和は3rd-20ydsで今度はロングパスを#10→#33へ。競合いながらキャッチし、TDPAT#17が決める(7-0)

浦和のKCで試合再開。安定したカバーで合同チームは自陣20ydsよりオフェンス開始。浦和は#90のタックルなどでほとんどゲインを許さない。ここで第一Q終了。

2Q

#8のサックなどで相手のゲインを許さずそのままパントへ。#4がナイスリターンをみせ、浦和のオフェンスは敵陣25ydsの位置から攻撃開始。だが、ランを止められ、TDを狙ったパスも失敗し、そのままFGへ。#17がキック決める。(10-0)

浦和のキックに対し、合同チームリターナーはフェアキャッチをし、自陣20ydsより攻撃開始。反則で罰退やフェイクパス でロングゲインを許し、浦和は自陣深くまで攻め込まれる。しかしここで相手のTDを狙ったパスを#17がインターセプト!そのままTDまで持っていき、その後のPATも決める(17-0)。

浦和のキックに対し、合同チームは再度、フェアキャッチし自陣20ydsからのオフェンス。2nd-10ydsでミドルパスを狙うが、これを#58がインターセプト。浦和のオフェンスへ。畳み掛けたい浦和オフェンスはファーストプレーで#18#23へのパスを狙い、これをTDまで持っていった。PATも決め、駄目押しの追加点となった(24-0)

浦和のキックは三度フェアキャッチで、その後も合同チームは浦和から全くゲインを得られず、そのままパントへ。浦和オフェンスは敵陣30ydsよりオフェンス。#39のランでゲインし、ラストプレーはFGを選択。しかし、これが決まらず。前半は終了(24-0)。

前半終了後に協議が行われ、熱中症の恐れからリーグの判断により、試合中止で、浦和は白星スタートとなった。

MVP;なし

埼玉県のアメリカンフットボールチーム