Results

試合結果

浦和ウラワーズ vs  立川ファルコンズ 2017年12月3日(at 八王子 某グラウンド)

TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
浦和ウラワーズ 0 6 3 7 16
立川ファルコンズ 0 7 0 6 13

【試合概容】

1Q
浦和のリターンにより試合開始。#23のリターンにより、自陣35ヤードまで進み、その位置からオフェンスの開始。QB#18からレシーバーの#81,#83, #8へのパス、#21のランなどにより1st down更新し、敵陣へ入るが、その後は続かず、パントへ。浦和は自陣5ヤードからの良い位置から守備となる。浦和Dは3回でしっかり相手の攻撃を抑え、パントにより浦和Oは敵陣40ヤード付近の好位置からオフェンスとなる。しかし、第一プレーでインターセプトを許してしまい、再度、浦和Dは50ヤード付近から開始。ここでもブリッツやしっかりしたカバーリングで相手をシャットアウトし、相手をパントに追い込み、浦和Oは自陣20ヤード付近より攻撃開始。ランを織り交ぜ攻撃するもFirst downできず。自陣20ヤード付近から敵陣20ヤードまで届くパントにより好位置からのD#19のロスタックル、#97のサックによりパントへ、このパントがリターナーへの不正(取ると同時にタックル)となり、またも浦和Oは敵陣25ヤードの良い位置からのオフェンスとなる。チョップブロックの反則などあり、4th down 敵陣30ヤード付近で第一Q終了。(0−0)

 

2Q
敵陣30ヤード付近からFGのトライするも失敗し、得点ならず。浦和Dはここでも相手をシャットダウンするも4th downの相手のスペシャルにより、この日初めてのフレッシュを許す。その後、QBからのロングパスやキープにより再度フレッシュを許し、自陣へ攻め込まれるが最後はパントに追い込み、浦和Oは自陣20ヤード付近より攻撃開始。ランを中心にダウンを重ね、敵陣まで進む良いドライブとなるが、最後はQB#10のキープ時のファンブルにより、敵陣40ヤードより浦和Dの出番。第一プレーで立川のビッグプレー(ロングパス)が飛び出し、一気に自陣20ヤードまで攻め込まれてしまう。その次のプレーでもQBのフェイクからのランにより、一気に自陣5ヤードへ。3ダウンまで粘るも最後は押し切られTDPATも成功。浦和はその後の、キックオフリターンで自陣45ヤードまで戻し、第一プレーでもロングパスが決まり、一気に敵陣20ヤードへ。相手のインターフェアにより、さらに進み、最後は#7へのパスでTDPATは失敗。最後まで集中を切らさず、Dはその後は守りきり前半終了。(6−7)

 

3Q
浦和のKCで試合再開。#17の相手のエンドゾーンまで届くキックとカバーで相手は敵陣30ヤードからオフェンス。相手のスナップミスなどでロスし、パントへ。敵陣45ヤードからの好位置でO開始。ランでコンスタントにヤードを稼ぎ、1st down獲得するが、最後はパント。 相手をG前まで追い込んで浦和Dへ。パス、ラン共に止め、パントへ簡単に追い込み、浦和Oへ、敵陣40ヤードの位置で攻撃権を渡す。ラン攻撃を中心にヤードを重ね、最後はFG#17が決める。そのまま第4Qへ(9−7)

 

4Q
立川Oもパス、ラン織り交ぜヤードを重ねるが、最後はキャッチ後のレシーバーに対し、#23のタックル後に#52がファンブルフォースし、相手からボールを奪取。自陣45ヤード付近からオフェンスへ。追加点の欲しい浦和は2nd downで、ロングパスを狙う。しかし、これがインターセプトされ、攻守交代。敵陣35ヤード付近より立川Oの開始。#77のロスタックルなどで3rd down 14ヤードに追い込むも、立川も底力を見せ、ロングパスにより1st down獲得。浦和自陣へ攻撃を進めていく。立川のTDを狙ったロングパスは浦和の#29のインターセプトとなるが、相手にこれをTDゾーン内で奪い返され、なんと、立川のTDに!立川はその後、2ポイント狙うが失敗。浦和はここで逆転を許し、残り320秒で913と厳しい状況へ追い込まれる。立川はオンサイドキックを選択。#6がこれをキャッチし自陣45ヤードから浦和Oのドライブが始まる。#43連続キャッチ、#1のキャッチ、#8のキャッチ、#81のキャッチとQB#18から次々とパスがヒットし、敵陣20ヤードまで進んいく。ここでスロットに入った#1のコーナーへQB#18からドンピシャのパスが。頭の上を超えていく非常に難しいキャッチだったが、これを#1がナイスキャッチ!試合を決めるTDをもぎ取る。レシーバー陣で繋いだ自陣45ヤードからのロングドライブを完璧な形で締めくくった。PATも成功し、立川のリターンも終わった時点で、残り135秒で浦和Dへ。浦和Dも最後の力を振り絞り、最後は#58,#17のナイスコンピによるキャッチ後のファンブルフォース。浦和のOへ攻撃権を渡し、#25,#33のランで繋いで、1st downを獲得し、そのまま試合終了。逆転に次ぐ逆転で最後はミラクルキャッチにより試合が決まるという非常にドラマティックな展開の試合になった。MVPは最後の試合を決めるキャッチをした#1。16-13

 

MVP:#1

 

次戦は立川ファルコンズと東海シーガルズの勝者と対戦(1月21日)

試合結果

浦和ウラワーズ vs  鎌倉ラザロ 2017年10月22日(at 八王子 某グラウンド)

TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
浦和ウラワーズ 0 7 6 0 13
鎌倉ラザロ 0 6 0 0 6

【試合概容】

第1Q
ウラワーズのキックで試合開始。
キックカバーは#23のタックルにより、敵陣25ヤード付近からスタート。その後、浦和D#は相手のオープンのラン、ショートパスなどでゲインされるも#17によるナイス起死回生のインターセプトにより、攻守交代。浦和Oは中外のランプレーにより、ゲインするも、RBが足を取られ、パントに追い込まれる。その後、浦和Dは相手のドローなどにより、ゲインを許すも最後は相手のFG失敗。そのまま両者とも無得点のまま1Q終了。(0-0)

 

第2Q
浦和Dより試合再開。第一プレーで#20がインターセプトし、浦和Oの攻撃へ。浦和Oはランで攻めるもなかなかゲインできず、最後はスナップのミスにより、相手にボールを奪われる。ラザロの攻撃も攻めきれず、パントへ。ここで#19がパントをブロックし相手自陣へ走り込み、最後は#17へナイストスをし、TD。PATも成功し7点獲得。その後も浦和DはラザロのOを抑え、またもパントを今度は#23がブロックし、浦和Oは敵陣より攻撃開始。1st downをパスでゲインするも2nd downのパスをインターされ、そのまま相手にTDを奪われる。PATは失敗。TD後のKRでリターンチームの頑張りにより相手ゴール手前10ヤードの位置までリターンする。しかし、またも浦和オフェンスのファンブルにより、攻撃権を奪われる。その後のナイスD、パントリターンにより、敵陣からの前半最後のオフェンスとなるが、相手の懸命のディフェンスにより、そのまま前半終了。(7-6)

 

第3Q
浦和のKRより試合開始。内外のランを使い分け、First downを獲得するも、フォルスなどでその後が続かずパントへ追い込まれる。パントを敵陣近くまで蹴り込み、そこからラザロのOの開始。ここでも浦和Dは相手を圧倒し、最後は相手をファンブルさせ、浦和Oへ絶好の位置で攻撃権を渡す。が、またもスナップミス等のミスが連続し、最後は相手にインターをされてしまう。浦和Dの安定した守りで相手をパントに3度追い込み、#83の鋭いステップによる好リターンにより、再度浦和Oは敵陣近くより攻撃。これを苦しみながらも最後、TDへ繋いだ。PATは失敗。 ラザロも底力を見せ、スクリーン等で敵陣まで攻め込んだところで第3Q終了。(13-6)

 

第4Q
浦和も粘り強いディフェンスにより、ラザロのギャンブルをシャットアウト。浦和の攻撃。パスを投げるが、これが雨の影響もあり、中々通らずパントへ。ラザロのオフェンスもスクリーン、ドローなどを使い、前進を試みるが、浦和Oの前にシャットアウト。その後のパントで浦和#7のキャッチミスが出るが、うまく#17がリカバーし、浦和Oへ再度攻撃権を渡す。その後も一進一退の攻防が続くが最後まで両者得点できずに試合終了。(13-6)

 

MVP:#17

 

次戦は立川ファルコンズと対戦(11月12日)

試合結果

浦和ウラワーズ vs  ワイルドギース 2017年9月24日(at埼玉県大宮けんぽグラウンド)

TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
浦和ウラワーズ 28 10 3 14 55
ワイルドギース 0 0 0 0 0

【試合概容】

第1Q
ワイルドギースのキックで試合開始。
浦和O#は第1プレーからロングパスを選択し、これが#17に通りTD。その後もパスを中心に攻め続け、第1Qのみで大量28点を獲得する。対するワイルドギースはRB#7のランを中心に攻めるも、浦和Dの固い守りに対し、1st downを取れずにパントに追い込まれる。(28-0)

 

第2Q
ワイルドギースのパントからスタート。
これを浦和#7がキャッチし、そのまま走りきりTD。第2Qも浦和Dの固い守りは変わらず、#29のファンブルリカバーにより敵陣深くから浦和Oが攻め込むが4th Downギャンブルに失敗。その後は一進一退の攻防が続くが、最後は浦和のFG成功にて前半終了。(38-0)

 

第3Q
ウラワーズのキックで試合再開。
浦和D#77 のQBサックなどで、パントに追い込み、敵陣30ydsからのOffenceを展開するもTDには至らず、FGにより得点。その後も浦和Dの安定感は変わらず、オフェンスは敵陣35ydsの位置からの攻撃となる。連続のパス成功により、敵陣深くまで到達したところで3Q終了。(41-0)

 

第4Q
敵陣10yds、浦和Oの攻撃から試合再開。
第1プレーの#18->#88へのパスでTD。#88は初試合、初得点を飾った。その後のワイルドギースの攻撃で浦和DはFirst Downを2回取られるも時間を使い、オフェンスに自陣45ydsで攻撃を渡す。浦和Oはその攻撃をランを使いながら最後はロングパスを#10->#17へ繋いでTDとする。その後は両者無得点のまま試合終了。(55-0)

 

MVP:#17

 

次戦は鎌倉ラザロと対戦(11月12日)

 

埼玉県のアメリカンフットボールチーム